ラベル Actor - Tom Cruise の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Actor - Tom Cruise の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年10月20日金曜日

American Made(バリー・シール/アメリカをはめた男)

トム・クルーズの新作、"American Made" 観てきました!

公開されて2週間以上経ってたし、そろそろ空いてるかなと思ったら、意外にも2/3くらい埋まっててうれしい驚き(しかもわりと大きなスクリーン!)。

ぎゅうぎゅうでもスカスカでもない、ほどよい込み具合で気持ちよく鑑賞できました。

ネタバレしまくりの予告編↓



ネタバレしない範囲で感想をひとことで言うならば、「おもしろかった」。

始まる前あくびを連発していた夫も「全く眠気を感じなかった」と言うほど、テンポよかったです。

2017年7月23日日曜日

Risky Business 卒業白書

1983年のアメリカ映画で、ウィキペディアによればトム・クルーズの出世作らしい "Risky Business" をテレビで観ました。

有名なシャツ姿で歌うシーン以外、どんな映画なのか全然知らずに観たら、予想外の内容でちょっとびっくり。ようするに coming of age film(10代の若者の成長を描く映画)だったのね(^^;


以下、ネタバレを含みます。


2016年12月3日土曜日

2度めの『Oblivion』(テレビにて)

2013年の公開当時、劇場まで観に行ったときは、別ブログに書いた感想(こちらに転載→Oblivion)にも「わからん」と書いたように、内容がつかみづらかった『Oblivion(邦題「オブリビオン」)』。

たまたまこの秋テレビでやっていて録画しておいたのを字幕つきで観て、ようやく理解できました!

日本語の字幕つき予告編↓ …これ観ちゃうと内容ぜんぶわかっちゃいますね…


内容を理解できると、おもしろさも倍増!
ラスト近くに少し混乱した場面はありましたが…。

映画館で観たときも映像の美しさに圧倒されましたが、テレビ画面で観てもなかなかキレイでした。

それと、2013年当時はまだ『ゲーム・オブ・スローンズ』観てなかったから気づかなかったけど、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター・ワルドーが出てきてビックリ!セリフがあった数少ない役者さんのひとりでした。


(以下、ネタバレ含むので改行)


2016年11月14日月曜日

Jack Reacher: Never Go Back(邦題『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 )

ひとつ前の記事(Jack Reacher(邦題『アウトロー』))に書いたとおり、1作目の公開から4年経って新作が公開され、10日ほど前に観に行ってきました。

本筋とは無関係だけど、映画の始まる前に字幕の出る機械を椅子に取り付けてたら、「それ、ずっとそこに置いておくつもりなの?」と後ろのおばさまに聞かれて少しイヤな気持ちになってしまいました。

今まで数回、その機械を使ってますが、そんなこと聞かれたことなかったし、どう見ても映画館の貸してくれる機械だということが明らかなので、違反をしてるわけでもないのになあと(^^;

それはともかく、予告編はこちら↓



公式サイト→ http://www.outlaw-movie.jp/
(日本でもすでに公開されているようですね)

前作を観なおしてから観たかったけどかなわず、前作の内容を全く覚えてない状態で観ましたが、ぜんぜん問題なかったです。


以下、簡単な感想のみで、細かいあらすじはありません。


正直、最初のほうは『ミッション・インポッシブル』と混同して、どこかから仲間が現れてくるのを期待してしまい、「あっ違う違う、イーサンじゃなくてジャックだった」と自分に言い聞かせてました(笑)。

全体的に、ふつうにおもしろいっちゃおもしろいんだけど、これがジャック・リーチャーである必要はあるんだろうか、というのが唯一の突っ込みどころでした。

まあ小説を土台にしてるんだから(どれだけ原作に忠実かは知りませんが)、ジャックじゃなければいけなかったんでしょうけども…。

前作を全く覚えてなくても問題ないってことは、これがシリーズ作品である意味はあるのかと思っちゃったわけです。


(以下、ネタバレがあります)


Jack Reacher(邦題『アウトロー』)

3年近く前にネットフリックスで観たはずなのに、「確かおもしろかったはず」ことをぼんやり覚えてるだけで、内容を全く覚えてなかった『Jack Reacher(邦題「アウトロー」)』。


邦題が『アウトロー』ってヘンだ、と、さんざん当時アメブロにアップした感想(こちら)に書いてたくせ、そんなこともすっかり忘れてて、改めて「ヘンな邦題だ」と思った私(苦笑)

2012年の第一作から4年を経て公開された続編を観る前にもう一度観たい!と録画したのに、結局観ないまま、新作を観に行っちゃいました。

そのあとようやく観まして、

(以下、『Jack Reacher: Never Go Back』のネタバレ?になるかもしれないので改行)



2015年8月2日日曜日

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』感想メモ

北米では7月31日、日本でも8月7日に公開のトム・クルーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』観てきました〜!

ネタバレ気にならない人は予告編どうぞ↓



私は映画本編を観てから見て、「予告編見なくてよかった〜!」と思います、いつも…(笑)

公開よりずいぶん前に1回か2回くらいはちらっと見ちゃうかもしれないけど、観る!と決めたら我慢して見ないようにしてるんです。特にトムクルーズ作品。


それはさておき、ネタバレなしの感想をひとことで言うと、

世間的にはやたら評価が高いみたいですが、個人的には前作のほうが好きかな〜。

今作は、いろんな要素をがんばって詰め込みすぎた感が少ししてしまい、ちょっぴり長く感じました。

前回は迫力満点のIMAXで観て、今回はUltraAVXだったせいなのか、私の視力のせい?で画面が少しブレて見えたせいもあるのかもしれません。

とは言え、ものすごくおもしろい部分もあるので、だいたい満足!(*^○^*)


★以下、うっすらネタバレありの感想です★


2015年7月15日水曜日

Mission: Impossible Rogue Nation - 恐怖のスタント撮影

トム・クルーズのツイートしてたスタント現場の動画、見るだけでこちらがガクガクブルブルです〜(´▽`;)


「スタントが本物に見えるのは、実際本物だから!」

2015年6月23日火曜日

Minority Report

テレビシリーズが始まる(*)前にもう一度観たかった『マイノリティ・リポート』、ネットフリックスで見つけてゆうべ観ました(*^○^*)

*映画の「10年後」という設定のテレビシリーズについてはTVブログに書いてます↓
新ドラマ『マイノリティ・リポート』予告編と撮影地


13年も前の映画とは思えない、いまだに斬新な「未来」に興奮!(*^-^*)

予告編で伝わるかしら〜↓



2015年6月4日木曜日

Mission: Impossible Rogue Nation Trailer 2

昨日トム・クルーズのツイートとともに『ミッション・インポッシブル』新作の予告編を載せましたが(こちら)「明日、新しい予告編が発表になるからお楽しみに」と予告したとおり、今日もツイートしてくれてました!





2015年6月3日水曜日

『Mission: Impossible Rogue Nation』予告編

トム・クルーズがこんなツイートしてるのを発見して「えっ?!7月に公開?!」とビックリ。


あと2ヶ月足らずじゃないですかΣ(゚∇゚*)!!

全く知りませんでした…なぜ宣伝されてないんだろう?
というか私が知らなかっただけなんでしょうね、きっと(´▽`;)


2014年6月12日木曜日

『Edge of Tomorrow』ネタバレ感想

まだXメンの感想も書いてないですが(そのうち忘れちゃいそう)、おととい見た『Edge of Tomorrow』の感想をまず書きます!

☆あらすじはウィキでどうぞ☆

●映画版のあらすじ(日本語ウィキ):「オール・ユー・ニード・イズ・キル
●原作となった日本の小説のあらすじ(日本語ウィキ):「All You Need Is Kill
●英語ウィキの詳しいあらすじはこちら↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Edge_of_Tomorrow_(film)#Plot
●日本語公式サイトはこちら↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/


原作で「ギタイ」とされているエイリアンの名前を「Mimic」(「擬態」の意)としたり、わりと原作を尊重してるのかな?読んだことがないので、帰国したときに探してみたいと思います。


以下、ネタバレ含みますのでご注意!

2014年6月11日水曜日

Edge of Tomorrow

先週金曜(6月6日)に公開されたトム・クルーズ主演の『Edge of Tomorrow』観てきました!



邦題は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(日本公開は7月4日)。

日本語の公式サイトはこちら→http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

日本語の予告編も貼っておきます↓(ネタバレが好きじゃない方はご注意!)



日本の小説(「All You Need Is Kill」)をもとに作られているためなのか、少し日本語のフレーズも出てきて、内心ちょっとニンマリしてしまいました(笑)。


私の感想は…




予想を裏切るおもしろさ!!!!!!

これは、トムクルーズファンには必見です!(*^○^*)

『Reviews on the Run』というレビュー番組の人も「トムの演じてきたいろんなキャラの要素が観られておもしろい。トップガンだったり、ザ・エージェントだったり、てんこ盛りで楽しめる」と言ってたとおり、私も米軍人であるトムを見るのが久しぶりだったせいか、トップガンを思い出してたんですよね(笑)。

もちろん、ファンじゃなくても十分楽しめると思います☆

今日は眠いのでとりあえずこの辺でやめときます。
なにがおもしろかったのか、ネタバレ感想は後日(*^○^*)

(6/12追記☆感想書きました→こちら


(以上、別ブログより当時の投稿日時で2017年8月30日に転載。当時いただいたコメントはアメブロで見られます)

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*

2013年4月26日金曜日

Oblivion

先週末、イベントが重なって人の群れでごった返す土曜のダウンタウンへ足を運んだのは、金曜に封切りされたこの映画を見るためでした。

感想を書くのがずいぶん遅れてしまった

IMDbのページはこちら→http://www.imdb.com/title/tt1483013/
日本語ウィキのページはこちら



観ると決めた映画の情報はなるべく入れないため
どんな映画かほとんど知らずに観ました。


すると、、、


うーーーーん、わからん。


英語が聞き取りづらかった!!!


なんでかな?
トム様の英語はふだんすごくわかりやすいクリアな話し方なんだけど・・

モーガン・フリーマンのセリフなんて、1割くらいしかわからなかったかも(^▽^;


それで、内容についてゆけないのもありましたが、
出だし部分がとにかくスロー。。。。。。


ふわあああああくび
あくびが止まらない


ちょっと『エイリアン』最新作を思い出してしまいました。
映像は凝ってるけど、ストーリーの流れがゆるい・・・。


っていうか、トムと奥さんのラブシーン、いらないよね(-3-)ボソ...




映像はすごくキレイで、CGとは思えないほど自然な仕上がり。
それは大画面で見る価値アリです


CGの部分、どうやって作ってるのかすごく気になって、メイキング見たい!
と思ってたら、テレビでやってました。

あのトムが乗っている小型の飛行機、実際にイチから作ったそうです!
すごい!さすがハリウッド!私も乗ってみたい(笑)

もちろん実際に飛ばしたわけではなく、スタジオでぐるぐる回してました。
とは言え、すごいリアルだったみたい。
ジュリア役の女優さんが同乗したときは、演技ではなく本気で怖がってたそうです(笑)


お話のほうも、だんだんおもしろくはなっていきますが、何度も見ようとは思わないかな(^-^;




下記、ねたバレを含みますのでご注意:






途中、「マトリックス?」と思うような場面が出て来たり
ちょっと「トータル・リコール?」だったり。


あまり理解できなくて、終わった後にダーリンに説明してもらいました。



 ね た ば れ 注 意 







トムがプログラムし直してたドロイド、どうして戦闘のときに使えなかったの?
→ 吹っ飛ばされたから

フライトレコーダーを再生したときの映像って、トムたちが母船(?)から出発したときのもの?
→ 逆で、トムたちがエイリアンに立ち向かうため地球から発進したときのもの

ラストでクローン52が出てくるけど、なんでクローン49の記憶をそのまま受け継いでるの?
→ それは謎。(笑)




最終的にはハッピーエンドのつもりなんでしょうね・・

素直にそう受け止めればいいんでしょうけど、やっぱりクローン52があっさり49の代わりになるっていうのが納得いきませんでした(^-^; 



(以上、別ブログより投稿当時の日時で2016年11月27日に転載)

© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*

2011年12月17日土曜日

Mission: Impossible - Ghost Protocol

邦題もそのまま『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』)

カナダでは12/16(金)からIMAX限定で公開になりました!

この日を待ちかねていた私たちは、IMAX限定と知ってがっくりしましたが、ポイントを使い、観て来ました(※通常版は21日から公開)。

結果、IMAXで観てよかった~

高層ビルをトムがのぼるシーンやら、爆破のシーンやら、とにかくリアル(^∇^;
ビルのシーンはリアルすぎて見ていられなかったほど
(※高所恐怖症の方は劇場で観ないほうがいいかもです)


(※映画関係の写真はすべてネットから拝借)