ラベル Action の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Action の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年3月15日水曜日

"Logan" を観ての感想・雑感もろもろ

2週間ほど前に公開されたマーベルコミックス(Xメン)系映画 "Logan" を、昨日 UltraAVX で観てきました。真ん中の列のはしっこの席だったため、AVX の大画面を観るにはちょっぴり苦しかったけど、映画の世界に引き込まれて途中からそんなことは忘れてしまいました。

日本のシネコンと違い、座席指定が前もってできるのが(この映画館の場合)UltraAVX か IMAX しかないので、そうなると3Dの場合が多いんですが、大作映画には珍しく3D上映がないみたいで、3Dが得意でない私としては嬉しかったです。

日本では2ヶ月半先の公開なんですね↓



英語ウィキを見ると「X−メン映画の中でいちばんよくできた映画であり、スーパーヒーロー物としても最高傑作のひとつだと言える」ほどの称賛を得た、などと書かれています。

確かに映画としての出来はすばらしかった。

以下、重要なネタバレ含む、まとまりのない感想
(細かいあらすじはナシ)


2016年12月16日金曜日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

公開初日にひとりで観てきました!

公式サイト:
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

カナダ・アメリカでも同じ12月16日の公開なんですが、時差の都合で日本のほうが早く観られるという皮肉(?)。

2D・英語音声・日本語字幕で観たんですが、平日の午後とは言え、あまりの客数の少なさにビックリ。初日だというのに、400人以上入るところにせいぜい20人しかいませんでしたから…。

当然、思わず拍手したくなるようなシーンでも「しーーーーーん」。笑い声も全く聞こえて来ず、終始とにかく「しーーーーーーーーーーーん」。

ちょっとさみしかったかも…(´▽`;)

そのぶん、全く雑音に邪魔されることなく、映画の世界に入り込むことができたとも言えます(私の前後左右、だれもいなかったし)。


以下、ほとんどネタバレのない感想。


スターウォーズのコアなファンでもなんでもない私ですが、そしてこれまでのスターウォーズをおさらいしなかったので正直タイムラインとかもよくわかんないまま観たんですが、そんな私でも、



お も し ろ か っ た ! (*´▽`*)



もちろんオリジナルへのオマージュなんかもあるし、バックグラウンドを知ってる人のほうが楽しめる部分もあるとは思うけど、これはスターウォーズをほとんど知らない、あるいは全く見たことのない人でも楽しめるかも?

何より、今回初めて登場したキャラたちがよかった。

なかでもお気に入りはチアルートとベイズ・マルバス!

いろんなバージョンの予告編がディズニーの公式YouTubeチャンネルにアップされてますが(こちら)その中からチアルート編とベイズ編を載せておきます↓








*ここから先はネタバレあり!*
(あらすじはナシ)


2016年12月3日土曜日

2度めの『Oblivion』(テレビにて)

2013年の公開当時、劇場まで観に行ったときは、別ブログに書いた感想(こちらに転載→Oblivion)にも「わからん」と書いたように、内容がつかみづらかった『Oblivion(邦題「オブリビオン」)』。

たまたまこの秋テレビでやっていて録画しておいたのを字幕つきで観て、ようやく理解できました!

日本語の字幕つき予告編↓ …これ観ちゃうと内容ぜんぶわかっちゃいますね…


内容を理解できると、おもしろさも倍増!
ラスト近くに少し混乱した場面はありましたが…。

映画館で観たときも映像の美しさに圧倒されましたが、テレビ画面で観てもなかなかキレイでした。

それと、2013年当時はまだ『ゲーム・オブ・スローンズ』観てなかったから気づかなかったけど、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター・ワルドーが出てきてビックリ!セリフがあった数少ない役者さんのひとりでした。


(以下、ネタバレ含むので改行)


2016年11月18日金曜日

Doctor Strange(邦題『ドクター・ストレンジ』)

11月4日の公開後わりとすぐ(たぶん8日あたり)に観に行ったんだけど、なかなか感想を書けずにおりました。

内容を全く知らず、ドクター・ストレンジというキャラも全然知らずに観ましたが、予想外に笑えて&CGがすごくて、非常におもしろかった!

日本版の予告編も発見↓



日本では来年1月の公開なんですね。
マーベルの中でもあんまりメジャーなキャラじゃないからでしょうか。

●マーベルの公式サイト(日本語)はこちら:
http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html

●ウィキペディアのページ(日本語)はこちら:
ドクター・ストレンジ(映画) 

私たちは座席指定のできる Ultra AVX の 3D で観ました。
3D はあまり好きではない私ですが、これはまあまあよかったかな。

とにかく全体的におもしろいので、こういうの好きな人はぜひ映画館の大画面で観て頂きたいです^^

あと、本編が終わったあとおまけ映像が2回流れます。1回目が流れたあとエンドクレジットが続くので完全に終わったかのように思えますが、終わってないのでご注意!

(以下、ネタバレが含まれる部分があります。細かいあらすじはナシ)


2016年11月14日月曜日

Jack Reacher: Never Go Back(邦題『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 )

ひとつ前の記事(Jack Reacher(邦題『アウトロー』))に書いたとおり、1作目の公開から4年経って新作が公開され、10日ほど前に観に行ってきました。

本筋とは無関係だけど、映画の始まる前に字幕の出る機械を椅子に取り付けてたら、「それ、ずっとそこに置いておくつもりなの?」と後ろのおばさまに聞かれて少しイヤな気持ちになってしまいました。

今まで数回、その機械を使ってますが、そんなこと聞かれたことなかったし、どう見ても映画館の貸してくれる機械だということが明らかなので、違反をしてるわけでもないのになあと(^^;

それはともかく、予告編はこちら↓



公式サイト→ http://www.outlaw-movie.jp/
(日本でもすでに公開されているようですね)

前作を観なおしてから観たかったけどかなわず、前作の内容を全く覚えてない状態で観ましたが、ぜんぜん問題なかったです。


以下、簡単な感想のみで、細かいあらすじはありません。


正直、最初のほうは『ミッション・インポッシブル』と混同して、どこかから仲間が現れてくるのを期待してしまい、「あっ違う違う、イーサンじゃなくてジャックだった」と自分に言い聞かせてました(笑)。

全体的に、ふつうにおもしろいっちゃおもしろいんだけど、これがジャック・リーチャーである必要はあるんだろうか、というのが唯一の突っ込みどころでした。

まあ小説を土台にしてるんだから(どれだけ原作に忠実かは知りませんが)、ジャックじゃなければいけなかったんでしょうけども…。

前作を全く覚えてなくても問題ないってことは、これがシリーズ作品である意味はあるのかと思っちゃったわけです。


(以下、ネタバレがあります)


Jack Reacher(邦題『アウトロー』)

3年近く前にネットフリックスで観たはずなのに、「確かおもしろかったはず」ことをぼんやり覚えてるだけで、内容を全く覚えてなかった『Jack Reacher(邦題「アウトロー」)』。


邦題が『アウトロー』ってヘンだ、と、さんざん当時アメブロにアップした感想(こちら)に書いてたくせ、そんなこともすっかり忘れてて、改めて「ヘンな邦題だ」と思った私(苦笑)

2012年の第一作から4年を経て公開された続編を観る前にもう一度観たい!と録画したのに、結局観ないまま、新作を観に行っちゃいました。

そのあとようやく観まして、

(以下、『Jack Reacher: Never Go Back』のネタバレ?になるかもしれないので改行)



2016年8月23日火曜日

Jason Bourne

2002年の『ボーン・アイデンティティ』に始まったジェイソン・ボーンシリーズ三部作の大ファンである私は、ジェイソン不在の4作目にいささかがっかりさせられたのもあって、ジェイソン復活の今作にはすっごく期待していました。

しかし…、



公式サイト(http://bourne.jp/)でも見られる予告↑


以下、細かいあらすじはないけどネタバレあり。


2015年10月19日月曜日

Star Wars: The Force Awakensチケットゲット〜!

今年12月に公開されるスターウォーズ 新作のチケット、本日(19日)さっそくおさえました〜!!!(*^○^*)

しかもポイント貯まってて夫と2人分、タダ!

わ〜い♪

公開日は12月18日(金)だけど、初日は込むだろうしと土曜のチケット探したらすでにほとんどいい席は埋まってたので、比較的空いてた20日(日)にしました。IMAX 3Dの場合、なるべく後方中央で観たいのでしかたない。

本日公開された予告編↓(私は観てません)



それにしてもよほどみんなチケット発売を待ってたのか…今日発売開始になったばかりだと思うけど、いい席はあっというまに売り切れちゃうのね。

2015年8月21日金曜日

ターミネーター: 新起動/ジェニシス ネタバレなし感想メモ

絶対観る」といいながらなかなか観に行くチャンスのなかったターミネーター、ようやくおととい、日本で(日本語字幕で!)観ました〜!



2015年8月2日日曜日

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』感想メモ

北米では7月31日、日本でも8月7日に公開のトム・クルーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』観てきました〜!

ネタバレ気にならない人は予告編どうぞ↓



私は映画本編を観てから見て、「予告編見なくてよかった〜!」と思います、いつも…(笑)

公開よりずいぶん前に1回か2回くらいはちらっと見ちゃうかもしれないけど、観る!と決めたら我慢して見ないようにしてるんです。特にトムクルーズ作品。


それはさておき、ネタバレなしの感想をひとことで言うと、

世間的にはやたら評価が高いみたいですが、個人的には前作のほうが好きかな〜。

今作は、いろんな要素をがんばって詰め込みすぎた感が少ししてしまい、ちょっぴり長く感じました。

前回は迫力満点のIMAXで観て、今回はUltraAVXだったせいなのか、私の視力のせい?で画面が少しブレて見えたせいもあるのかもしれません。

とは言え、ものすごくおもしろい部分もあるので、だいたい満足!(*^○^*)


★以下、うっすらネタバレありの感想です★


2015年7月22日水曜日

『アントマン』ネタバレなし感想メモ

マーベルコミック系の新作映画『Ant-Man(邦題「アントマン」)』観てきました〜!

これは公開前に見かけたポスター。中央に点のようなアントマンが(笑)

期待以上に、

すっごくおもしろかった!(*^○^*)


先週の金曜に公開されてから初めての火曜日(火曜は安いのです)ということでめちゃくちゃ込んでいて、開始20分前に着いたにもかかわらず、かなり前方の席しか空いてませんでした…。

画面が非常に近かったのですが、それがかえってよかったです。3Dだったのも手伝ってすごい迫力だったし、満員の映画館で観たからこそ楽しさが倍増したのかも。

コメディはたくさんの観客といっしょに観るとより楽しいですよね〜。


2015年7月15日水曜日

Mission: Impossible Rogue Nation - 恐怖のスタント撮影

トム・クルーズのツイートしてたスタント現場の動画、見るだけでこちらがガクガクブルブルです〜(´▽`;)


「スタントが本物に見えるのは、実際本物だから!」

2015年6月23日火曜日

Minority Report

テレビシリーズが始まる(*)前にもう一度観たかった『マイノリティ・リポート』、ネットフリックスで見つけてゆうべ観ました(*^○^*)

*映画の「10年後」という設定のテレビシリーズについてはTVブログに書いてます↓
新ドラマ『マイノリティ・リポート』予告編と撮影地


13年も前の映画とは思えない、いまだに斬新な「未来」に興奮!(*^-^*)

予告編で伝わるかしら〜↓



2015年6月4日木曜日

Mission: Impossible Rogue Nation Trailer 2

昨日トム・クルーズのツイートとともに『ミッション・インポッシブル』新作の予告編を載せましたが(こちら)「明日、新しい予告編が発表になるからお楽しみに」と予告したとおり、今日もツイートしてくれてました!





2015年6月3日水曜日

『Mission: Impossible Rogue Nation』予告編

トム・クルーズがこんなツイートしてるのを発見して「えっ?!7月に公開?!」とビックリ。


あと2ヶ月足らずじゃないですかΣ(゚∇゚*)!!

全く知りませんでした…なぜ宣伝されてないんだろう?
というか私が知らなかっただけなんでしょうね、きっと(´▽`;)


2014年9月1日月曜日

Guardians of the Galaxy

この週末はレイバーデーの今日(月曜)が祝日のため、三連休。

夫といっしょに『House of Cards』を6話一気見し、そのあと私だけで『Extant』を5話一気見(笑)しました~。

記憶が鮮明なうちに感想を書いておきたいんですが、先に先週月曜に観た映画について書かないと、それこそ忘れそう(笑)なんで、まずはこちらから。

2014年5月10日土曜日

アメイジング・スパイダーマン2!

ようやく観てきました(^o^)
おもしろかった!

私にとってのハイライトはアント・メイとピーターのシーン。

2013年6月17日月曜日

Man of Steel

IMDbのページはこちら→http://www.imdb.com/title/tt0770828/
日本語の公式サイトはこちら→http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel/index.html

邦題は原題をそのまんまカタカナにした『マン・オブ・スティール』。
日本では8月公開のようですが、北米では先週公開になり、今日観てきました。

スタートレックを観たのと同じ映画館でしたが、今回も3Dは最悪・・・。
3Dに見えるシーンがほとんどないばかりか、画面が暗くなって観づらかった(-_-;

2013年5月24日金曜日

Kick-Ass

IMDbのページはこちら(英語): http://www.imdb.com/title/tt1250777/

ずーっと前に見ようとしたことがあるんですが劣悪環境(確か旅行中で、携帯用の小さなスクリーンだった)だったのもあり途中で見るのをあきらめてしまった映画です。

なぜ今になってまた見ようと思ったのかと言うと
ただいまバンクーバーで撮影中、来年公開予定の『ゴジラ』の主役がこの作品で主演してる人だから
という単純な理由(笑)。

2013年4月26日金曜日

Oblivion

先週末、イベントが重なって人の群れでごった返す土曜のダウンタウンへ足を運んだのは、金曜に封切りされたこの映画を見るためでした。

感想を書くのがずいぶん遅れてしまった

IMDbのページはこちら→http://www.imdb.com/title/tt1483013/
日本語ウィキのページはこちら



観ると決めた映画の情報はなるべく入れないため
どんな映画かほとんど知らずに観ました。


すると、、、


うーーーーん、わからん。


英語が聞き取りづらかった!!!


なんでかな?
トム様の英語はふだんすごくわかりやすいクリアな話し方なんだけど・・

モーガン・フリーマンのセリフなんて、1割くらいしかわからなかったかも(^▽^;


それで、内容についてゆけないのもありましたが、
出だし部分がとにかくスロー。。。。。。


ふわあああああくび
あくびが止まらない


ちょっと『エイリアン』最新作を思い出してしまいました。
映像は凝ってるけど、ストーリーの流れがゆるい・・・。


っていうか、トムと奥さんのラブシーン、いらないよね(-3-)ボソ...




映像はすごくキレイで、CGとは思えないほど自然な仕上がり。
それは大画面で見る価値アリです


CGの部分、どうやって作ってるのかすごく気になって、メイキング見たい!
と思ってたら、テレビでやってました。

あのトムが乗っている小型の飛行機、実際にイチから作ったそうです!
すごい!さすがハリウッド!私も乗ってみたい(笑)

もちろん実際に飛ばしたわけではなく、スタジオでぐるぐる回してました。
とは言え、すごいリアルだったみたい。
ジュリア役の女優さんが同乗したときは、演技ではなく本気で怖がってたそうです(笑)


お話のほうも、だんだんおもしろくはなっていきますが、何度も見ようとは思わないかな(^-^;




下記、ねたバレを含みますのでご注意:






途中、「マトリックス?」と思うような場面が出て来たり
ちょっと「トータル・リコール?」だったり。


あまり理解できなくて、終わった後にダーリンに説明してもらいました。



 ね た ば れ 注 意 







トムがプログラムし直してたドロイド、どうして戦闘のときに使えなかったの?
→ 吹っ飛ばされたから

フライトレコーダーを再生したときの映像って、トムたちが母船(?)から出発したときのもの?
→ 逆で、トムたちがエイリアンに立ち向かうため地球から発進したときのもの

ラストでクローン52が出てくるけど、なんでクローン49の記憶をそのまま受け継いでるの?
→ それは謎。(笑)




最終的にはハッピーエンドのつもりなんでしょうね・・

素直にそう受け止めればいいんでしょうけど、やっぱりクローン52があっさり49の代わりになるっていうのが納得いきませんでした(^-^; 



(以上、別ブログより投稿当時の日時で2016年11月27日に転載)

© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*