2017年4月21日金曜日

『美女と野獣』日本語吹き替えで観た

テレビブログにも書いたとおり、日本での封切り日に『美女と野獣』観てきました(*´▽`*)

カナダで観てから3週間も経ってないこともあり、しつこい時差ボケのせいもあって途中一瞬気を失ってしまった(=寝てしまった)場面もありましたが、吹き替えで観てもすばらしく、最初に観たときとは違うところで感動したりもして楽しめました!


↑これ、おもしろい。だれがだれの声を担当したのかビジュアル的によくわかります

以下、ネタバレなしの、吹き替えについてのひとこと感想です。

2017年4月17日月曜日

「公式」ジャンル?

3月末日、アメ●ロのほうに「Ame●a公式ジャンル編成部」からあるメッセージが来ました。(以下、A〜=A●eba)

以下、映画とは直接関係ないたわいごとというか独り言です。


2017年4月14日金曜日

この世界の片隅に

つい先日、夫から「『この世界の片隅に』という映画を知ってるか」聞かれて「知ってるけど観たことはない」と話してたばかりのアニメ映画、なんと日本へ向かうJAL機内で観られました!




ちなみに夫が見せてくれた予告は英語版↓ 



アメリカでも9月に公開されるっぽい。カナダでも公開されるかな?!


ひとことで言うと、とてもとてもよかった。思わず原作漫画も上中巻買いました(下巻がなかった)。

以下、感想を簡単に書き留めておきます。

ネタバレは特にないです。


2017年4月7日金曜日

帰国時に観たい映画リスト

実はもうすぐ一時帰国をするのでいろいろ時間的に厳しいんですが、短い帰省だからこそ、帰国中に劇場公開されている映画を前もってチェック!

地元の映画館で観られそうかつ興味ある映画のリスト:


<邦画>
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
ひるね姫 知らないワタシの物語
PとJK

<洋画>
GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル
パッセンジャー(←観たかったのに見損ねたのでチャンス!)


(もう観たけどもう一度日本語で観てもいいかな〜という作品)
モアナと伝説の海
ラ・ラ・ランド
レゴ バットマン ザ・ムービー
美女と野獣(4月21日公開)

Beauty and the Beast

今週はじめに『美女と野獣』実写版を観て来ました。

あまり評判がよくないというウワサも耳にしてたし、期待してなかったのがよかったのか、ディズニーアニメの大ファンというわけでもないのがよかったのか、とにかく私はこれ、すっごく好きでした!(*´▽`*)

いろいろ書きたいことありすぎて、全部書いてる時間がないので、忘れないうちにとりあえず観たってことだけ書いときます。

予告編も貼っとこう。



日本語のも発見!


日本では4月21日公開なのね!もうすぐですね〜。

エマ・ワトソンやダン・スティーブンスなど、歌の素人の俳優さんたちも特訓を受けて臨んだミュージカル映画なので、こういうのはやっぱ映画館で観た方が楽しめそうです。ディズニーに興味あんまないよ!って方もぜひ映画館で!(って映画館の回し者じゃないです)


2017年3月15日水曜日

"Logan" を観ての感想・雑感もろもろ

2週間ほど前に公開されたマーベルコミックス(Xメン)系映画 "Logan" を、昨日 UltraAVX で観てきました。真ん中の列のはしっこの席だったため、AVX の大画面を観るにはちょっぴり苦しかったけど、映画の世界に引き込まれて途中からそんなことは忘れてしまいました。

日本のシネコンと違い、座席指定が前もってできるのが(この映画館の場合)UltraAVX か IMAX しかないので、そうなると3Dの場合が多いんですが、大作映画には珍しく3D上映がないみたいで、3Dが得意でない私としては嬉しかったです。

日本では2ヶ月半先の公開なんですね↓



英語ウィキを見ると「X−メン映画の中でいちばんよくできた映画であり、スーパーヒーロー物としても最高傑作のひとつだと言える」ほどの称賛を得た、などと書かれています。

確かに映画としての出来はすばらしかった。

以下、重要なネタバレ含む、まとまりのない感想
(細かいあらすじはナシ)


2017年2月27日月曜日

アカデミー賞授賞式を観て

各映画賞レースも終盤に入り、クライマックスとも言えるアカデミー賞授賞式が昨日ありました。

実は候補者の発表があったあと、思うことを書いていたのですが下書きのままアップしそびれておりました(苦笑)。後日その記事に手を加え、受賞者リストを改めてアップしたいと思います。

今は取り急ぎ、授賞式を観て思ったことを書きます。

※すべての賞への言及はしませんが、受賞者/受賞作のネタバレも含まれます

2017年2月18日土曜日

『俺物語!!』スキダーーーーー!!!

月曜がファミリーデーという祝日で3連休だった先週末の土曜、テレビジャパンで放映してくれた日本の映画『俺物語』を観ました。



原作は別冊マーガレット()に連載された同名の少女マンガで、私はそのマンガが大好き。映画化を知ったときから楽しみにしていました(*´▽`*)

英語字幕もついていたので、録画しておいて翌日なかば無理やり(笑)夫にも観させたら…

「好きだーーーー!」とタケオが叫ぶシーンで大受けし、それ以来よく「スキダー!!!」とあの声を真似して言うようになってしまいました(笑)。

2017年2月13日月曜日

BAFTA(英国アカデミー賞)winners

2017年のBAFTA(英国アカデミー賞)授賞式が12日)ありました。

授賞式そのものは見てないんだけど、ウィナー一覧からピックアップ。

ゴールデングローブSAGについての記事でさんざんリンク貼ったりしてるので、そちらにノミネートされていないものだけウェブサイトへのリンクを貼ります
※受賞者/受賞作は赤字


2017年2月11日土曜日

The English Patient(『イングリッシュ・ペイシェント』)を観て

1996年に公開(日本公開は1997年)された『イングリッシュ・ペイシェント』をテレビでやってたのを久しぶりに観ました。


5年前に『つぐない(原題 "Atonement")』を観たあと「English Patientを観たときのような切なさで胸がいっぱいに」と書いてましたが(こちらに当時の感想を転載しました)、切ない話だとわかっていてもやっぱり最後は泣いてしまった。

しかし、ずいぶん前に日本で観たときと、カナダに移住して数年経った今では観点が変わり、別の意味でも興味深く観ることができました。




以下、ネタバレが含まれます(細かいあらすじはなし)


2017年2月8日水曜日

Nocturnal Animals(ノクターナル・アニマルズ)

2016年公開、トム・フォード監督の "Nocturnal Animals(ノクターナル・アニマルズ→直訳:夜行性動物)" 観ました。

感想をひとことで言うと…「こんなに怖い映画だとは思わなかったけど(※ホラーではありません)、おもしろい!」。ストーリーは全然違うけど、その怖さはちょっと『ゴーン・ガール』に通じるかも?

何もかもあきらめてしまったかのような目を持つ「現在の主人公スーザン(エイミー・アダムス)」と、「スーザンの過去」、そして「元夫エドワード(ジェイク・ジレンホール)が送って来た小説の原稿の世界」が交錯するお話。

いずれにせよ暗く滅入りそうな雰囲気がただようので、もう一度見直したい気もするけど、するなら元気のあるときじゃないとダメかな…。

暗いと言っても全体的にものすごくスタイリッシュで、「映像」だと思ったら実は額に入った美術品(絵なのか写真なのか不明)だったり、そういう見せ方は素敵だったと思います。さすがファッションデザイナーが監督(トム・フォード)しただけある、的な。

夫は「ペースが遅すぎる」と退屈ぎみでしたが。(^^;



日本語ウィキのページ(ノクターナル・アニマルズ)はあるのに日本での公開予定が見つけられないんだけど、まさかいきなりDVD?なんてことはないよね…?いわゆる「ハリウッド大作」ではないのでありえるかも。

また、ゴールデン・グローブ(映画部門)ではアロン・テイラー・ジョンソンが助演男優賞を受賞し、トム・フォードが監督賞と脚本賞にノミネートされましたが、アカデミー賞候補には助演男優賞(マイケル・シャノン)しか挙がっていません。BAFTA(英国アカデミー賞)では多数ノミネートされてます。

「マイケル・シャノンすごい!」と感じたので、彼がアカデミー賞にノミネートされたのは納得です。ジェイク・ジレンホールがGGでもアカデミーでもSAGでもスルーされてるのが理解できませんが…(BAFTAでは主演男優賞にノミネート)。


以下、思ったことをとりとめなく箇条書きでメモ。


2017年2月5日日曜日

He's Just Not That Into You(そんな彼なら捨てちゃえば?)

バレンタインまで恋愛映画を毎週末特集しているチャンネルがあって、大好きな『そんな彼なら捨てちゃえば?(原題 "He's Just Not That Into You")』をやってたので久しぶりに観ました(*^○^*) 最低3回は観てると思うんだけどね(笑)。



最初に観たときジニファー・グッドウィン(一応主役…?)を初めて見たんだよね〜、なつかしい。今見ると「ほそっ!!!」と思ってしまう(苦笑)。

日本語の予告編はけっこうネタバレしちゃってる↓けど、「見たい」と思わせる工夫がされてておもしろい作りになってます。


2017年2月1日水曜日

The 23rd SAG Awards - 全米映画俳優組合賞・映画部門受賞者

アカデミー賞候補が先週発表され、それについて書こうと思いつつ、SAG授賞式があったのでそっちを先に書きます。

SAGアワードに私が注目するようになったのは、アメブロで交流させていただくようになった、ハリウッドでCMやドラマの仕事をされている方のあるブログ記事がきっかけ。

今回の授賞式でも受賞スピーチでさかんに言われてましたが、「仲間であるアクターに選ばれる」からこそ、受賞は誇らしく嬉しいことらしいです。

俳優組合の組合員の投票で決まる賞なので、俳優としての視線で選ばれるのは誰なんだろうという意味で興味深いです。

なお、テレビ部門の受賞者についてはTVブログのほうに書きました(The 23rd SAG Awards - 全米映画俳優組合賞・TV部門受賞者)が、映画部門受賞者についてはこちらに以前書いた候補者リストに追記のうえアップします。

※受賞者は赤字

2017年1月20日金曜日

Arrival(邦題:『メッセージ』)

SAGでもゴールデングローブでも主演女優賞にエイミー・アダムスがノミネートされた "Arrival(邦題『メッセージ』)" をゆうべ観ました。

字幕なしで観たのでちょっとわかりづらい部分もあったけど、これは全部わからなくてもだいたい話が追えました。

日本でも5月に公開されるということで、日本語の予告編も見つけました。が、これ観ちゃうとつまんなくならないのかなあ…と、本編観てから予告編観た私は疑問に思います(^-^;

ネタバレ絶対イヤな方は予告も観ない方がいいかも↓

2017年1月14日土曜日

The 23rd SAG Awards nominees - 全米映画俳優組合賞映画部門候補者

テレビ部門についてはTVブログのほうに書きました(The 23rd SAG Awards nominees - 全米映画俳優組合賞TV部門候補者)が、映画の方はこちらに書こうと思ってて放置しちゃってました。

※すぐわかるものは邦題・カタカナ名をカッコ内に入れました
※英語の映画タイトルには公式サイトへのリンク、邦題には(見つかれば)日本語公式サイトへのリンクがはってあります

なお、SAG Awards(Screen Actors Guild Awards)の授賞式は1月29日、ゴールデングローブの3週間後です。ちなみにアカデミー賞候補の発表はその5日前、1月24日の予定。

A Walk to Remember

邦題は『ウォーク・トゥ・リメンバー』というアメリカ映画。

初めて観たのは公開から3年経った2005年(当時mixiに感想をメモってた)ですが、先日テレビでやってたので10数年ぶりに観ました。

2005年と言えば『きみに読む物語』が日本で公開されておおいに感動し、ニコラス・スパークスの小説を読みあさり始めた年でした。



同名小説をベースにしているものの、原作とはずいぶん違う終わり方です。未読の方は、ぜひ一度、原作を手に取っていただきたい。映画もいいけど、小説のほうは数倍いいです。

映画で非常によかったのは、ジェイミー(マンディ・ムーア)が歌っている "Only Hope" という歌。とってもきれいなメロディなので、音声だけですがYouTube貼っておきます。


たぶん映画のサウンドトラックなんでしょうね、曲の始めと終わりにランドン(ジェイミーの恋人)のセリフが入ってます

1984年生まれの彼女が2002年に発表した曲ですから、17才か18才くらいで録音したんでしょうね。高音がとても伸びやかに出ていて耳に心地よいです。

この頃の彼女は肌が透き通るように白くて、お化粧なしでも輝くような美しさでした。


(古い映画なので今さらな気もするけど、重要なネタバレを含むので改行)


2017年1月10日火曜日

La La Land

大好きな "Whiplash"(邦題『セッション』)" の脚本・監督デミアン・チャゼルによる "La La Land(邦題『ラ・ラ・ランド』)" とうとう観てきました!

今日は映画が半額($7.20)で観られる日だけど、真っ昼間に行ったのでガラガラだろうと勝手に決めつけ、余裕でわりとぎりぎりめに行ったら大間違い。なんと9割がた座席が埋まってました!(そのうち9割以上はシニアでした)


以下、ネタバレちょっぴり含む感想です。

第74回ゴールデングローブ賞授賞式<映画部門>

テレビ部門の結果についてはTVブログのほうに載せました(第74回ゴールデングローブ賞授賞式<テレビ部門>)が、映画部門の結果はこちらに書きます。

また、セシル・B・デミル賞を授与した際のメリル・ストリープのスピーチについても書きたいのですが、長くなるのでそれは別途。

候補リストの記事に公式サイトへのリンクが貼ってあります
※賞を獲得した映画/候補者名は太い青字

2017年1月3日火曜日

The 74th Golden Globe Awards nominees - ゴールデングローブ賞映画部門候補

テレビ部門についてはTVブログのほうに書きました(The 74th Golden Globe Awards nominees - ゴールデングローブ賞候補)が、映画部門のおもな候補者/候補作はこちらにリストします。

※英語の映画タイトルには英語公式サイト、邦題には日本語公式サイトへのリンクが貼ってあります