2016年12月31日土曜日

2016年に観た映画

今年も残すところ、いよいよあと丸一日。

これを書いてるのは30日の深夜なのでもう1日あるような感覚ですが、日本ではすでに31日の夕方ですね。

お掃除や片付けもまだまだだけど、かろうじて2016年のうちに、今年観た映画やドラマだけでもリストアップしておきたいと思います。TVドラマについてはテレビブログに書くつもりだけど、年越しちゃう可能性大(^-^;

※カッコ内は邦題
※タイトルに(書いてる場合は)感想記事をリンクさせてます

※書き忘れてたものがあったので追加しました(1/2/2017)

2016年12月30日金曜日

Netflix - 1月に追加される作品メモ書き

※完全に個人的なメモ書きです

1月にネットフリックスに追加される作品リストが転がってたので見たいのだけメモ!


<映画>


  • E.T.
  • Hugo
  • Vanilla Sky
  • Ocean's Twelve
  • V for Vendetta
  • Alice: Through the Looking Glass
  • A Series Of Unfortunate Events (2017)


最後の以外は全部観たことあるけど、もう一度観たい!
オーシャンズ〜シリーズは11から観なおしたいけどね。


<テレビ>

『ベイツ・モーテル』シーズン4が1月11日に解禁!!!(*^○^*)

↑これがいちばん楽しみだああああ!!!

最終シーズン開始直前に最初から見直せたらいいけど…
仕事も始まってるし、まあムリだろな(苦笑)。


© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*

2016年12月29日木曜日

2016年に亡くなった著名人

もうこれ以上「今年亡くなった人」が出てこないといいのですが!という願いを込めて(?)リストを作ってみました。テレビブログと映画ブログのどちらにしようか迷いましたが、映画で活躍された俳優さんが多いのでこちらに載せます。

---------------------

※カッコ内は享年/出身国/職業/死因(わかる範囲で)/亡くなった日
※ニュースを知ってブログを更新した人の名前には記事へのリンクあり
※日本人以外の各故人の写真などはこちらのページで確認できます↓
Celebrity Deaths in 2016: Some of the Many Famous Figures We Lost This Year

---------------------


デイビッド・ボウイ(69才/英/ミュージシャン/がん/1月10日)

アラン・リックマン(69才/英/俳優/膵がん/1月14日)
→ハリー・ポッターのスネイプが大好きだったのでショック!

グレン・フライ(67才/米/ミュージシャン・元イーグルス/1月18日)
日本での1986年のライブの映像がありました↓
 
4分半くらいのところから始まる "You Belong to the City" が大好きだったなあ〜 それにしても口パクかと思うほどうまい!&いい声(*´▽`*)


村田和人(62才/ミュージシャン/がん/2月22日)


ジャケットも懐かしい〜(;_;) 持ってましたこれ…。

2016年12月28日水曜日

キャリー・フィッシャーの母親、デビー・レイノルズ死去

なんとなんと…

昨日「84才の母親が60才の娘を見送らねばならないとは…」と書いたばかりですが、今日、その84才の母親であるデビー・レイノルズが亡くなりました(→o←)

昨日の記事に載せたデビー・レイノルズのFacebookのステータス↓



これをアップしたのが昨日(27日)の午前10:47。

The Guardian の記事によると、その翌日(つまり今日)、「キャリーの死がとても悲しい、キャリーとまたいっしょになりたい」と言った15分後に脳卒中で倒れたらしい(;_;)

病院に緊急搬送されるも、その数時間後には息を引き取ったそうです。

祖母の死を知ったあと、キャリーの娘ビリー・ロードがFacebookに載せた写真↓



デビー・レイノルズの出演作は観たことない、と思ってたら、『雨に唄えば』の人だったんですね(えっ、今さら?とか言わないで〜^^;)。

ジーン・ケリーがひとりで歌うタイトル曲のほうが有名だと思いますが、これもなかなかかわいいです↓


字幕付き動画があったので、ちょっとクオリティ悪いけど貼っておきます。

1952年公開の映画ってことは、撮影当時デビー・レイノルズは20才にもなってなかったのですね。昔の人は大人っぽいな〜。

それにしても、娘の死の翌日に亡くなるとは…それだけ愛娘の死が衝撃だったということか、あるいは逆に、娘がいたからこれまで元気でいられたのかもなあと思ったりします。

いずれにせよ、今ごろは娘と念願の再会を果たしているでしょうか…。

Rest in peace, Debbie.

Posted on Wednesday, December 28, 2016


© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*

2016年12月27日火曜日

スターウォーズのレイア姫、キャリー・フィッシャー死去

12月23日にロンドンからロスへ向かう飛行機の中でキャリー・フィッシャーが心臓発作を起こしたと聞いて毎日容態をチェックしていたのですが…今朝、最悪のニュースを知りました。

クリスマス当日には母親のデビー・レイノルズが「娘の容態は安定している」とFacebookで報告していましたが、




今朝亡くなったことを受けてまた新たにアップデートしていました。



84才の母親が60才の娘を見送らねばならないとは…(;_;)

一ヶ月ほど前に『エレン』で元気な彼女を見たばかりだったので、本当にびっくりしました。ただ、そのとき「毎日コーラを16杯飲む」と言っていたので、そんな不健康な食生活で大丈夫なの?と思ったのは確か。


コーラの飲み過ぎが原因だったとは言い切れないでしょうけども。


なお、今回初めて知ったのですが、キャリー・フィッシャーには24才の娘がいて、それが『Scream Queens』に出演してるビリー・ロードだったのですね。

 
スクリーム・クイーンズはシーズン1ぜんぶ見て、シーズン2は途中で挫折したけど、シャネルNo.3がキャリー・フィッシャーの娘で、いつもしている耳当てがレイア姫へのオマージュ(!?)だったとは全く気づきませんでした!

こんなに早くお母さんを失うとは思っていなかったでしょうね。
今後も出演を続けるのだろうか…。


また、こんなときに不謹慎かもだけど、やはり『スターウォーズ』のレイア姫は今後どうなっちゃうの、と気になりました(^-^;

それにしても、テレビブログでジョージ・マイケルの訃報について書いたばかりなのに、こう次々と有名人が若くして(60才って若いよね?!)亡くなるとは、どうなっちゃってるの。

今年も今日(27日)を入れてあと4日、こんな悲しいニュースがもう続かないことを祈りつつ。

Rest in peace, Carrie.

Posted on Tuesday, December 27, 2016

© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆映画づくし
*無断転載を禁じます*

2016年12月16日金曜日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

公開初日にひとりで観てきました!

公式サイト:
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

カナダ・アメリカでも同じ12月16日の公開なんですが、時差の都合で日本のほうが早く観られるという皮肉(?)。

2D・英語音声・日本語字幕で観たんですが、平日の午後とは言え、あまりの客数の少なさにビックリ。初日だというのに、400人以上入るところにせいぜい20人しかいませんでしたから…。

当然、思わず拍手したくなるようなシーンでも「しーーーーーん」。笑い声も全く聞こえて来ず、終始とにかく「しーーーーーーーーーーーん」。

ちょっとさみしかったかも…(´▽`;)

そのぶん、全く雑音に邪魔されることなく、映画の世界に入り込むことができたとも言えます(私の前後左右、だれもいなかったし)。


以下、ほとんどネタバレのない感想。


スターウォーズのコアなファンでもなんでもない私ですが、そしてこれまでのスターウォーズをおさらいしなかったので正直タイムラインとかもよくわかんないまま観たんですが、そんな私でも、



お も し ろ か っ た ! (*´▽`*)



もちろんオリジナルへのオマージュなんかもあるし、バックグラウンドを知ってる人のほうが楽しめる部分もあるとは思うけど、これはスターウォーズをほとんど知らない、あるいは全く見たことのない人でも楽しめるかも?

何より、今回初めて登場したキャラたちがよかった。

なかでもお気に入りはチアルートとベイズ・マルバス!

いろんなバージョンの予告編がディズニーの公式YouTubeチャンネルにアップされてますが(こちら)その中からチアルート編とベイズ編を載せておきます↓








*ここから先はネタバレあり!*
(あらすじはナシ)


2016年12月14日水曜日

ボクの妻と結婚してください。

帰省中、母と映画を観に行ってきました。

大好きな織田裕二主演の『ボクの妻と結婚してください。』ですが、予告編を知らずに観て大正解。完全にネタバレしてますもん。

ネタバレ平気な方はどうぞ↓



公式サイト: http://bokutsuma-movie.com/


全体的に…脚本なのか監督なのか、何が悪いのかわからないけど、とにかくハマれない作りだったのが残念。

役者さんたちはみんなすばらしい演技をしているのに、つなぎ方が悪いのかなんなのか、とにかく流れが悪くてつまらなく思えてしまったんです。

せっかくの熱演が生かされきれてなくて歯がゆかった。

けど、感動がないわけではなく、何度も泣いてしまう場面はありました。

もう少しテンポよく、いい感じにまとめられてたらもっとよかったのになあ。




以下、ネタバレありの感想(あらすじはナシ)。


2016年12月3日土曜日

2度めの『Oblivion』(テレビにて)

2013年の公開当時、劇場まで観に行ったときは、別ブログに書いた感想(こちらに転載→Oblivion)にも「わからん」と書いたように、内容がつかみづらかった『Oblivion(邦題「オブリビオン」)』。

たまたまこの秋テレビでやっていて録画しておいたのを字幕つきで観て、ようやく理解できました!

日本語の字幕つき予告編↓ …これ観ちゃうと内容ぜんぶわかっちゃいますね…


内容を理解できると、おもしろさも倍増!
ラスト近くに少し混乱した場面はありましたが…。

映画館で観たときも映像の美しさに圧倒されましたが、テレビ画面で観てもなかなかキレイでした。

それと、2013年当時はまだ『ゲーム・オブ・スローンズ』観てなかったから気づかなかったけど、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター・ワルドーが出てきてビックリ!セリフがあった数少ない役者さんのひとりでした。


(以下、ネタバレ含むので改行)